• Ryoko

山口漢方研究会

4月、山口漢方研究会に参加してきました。

先月の続きでストレスのお話でした。


中医学でいうと春は肝に負担がかかる季節。


肝は

季節は春。

感情でいえば怒。

好む味は酸味。


肝は疏泄を主る。


肝のお仕事は、全身の気を運行させ、さらに精神状態を安定させることです。


春、植物がのびのびと育つように

肝ものびのびとし、気持ちのよい状態を好みます。


しかし、のびのびできないと


感情は「怒」


イライラ怒りっぽかったり、憂鬱になったり。


それが胃腸にまで影響。

ゲップ、胃もたれ、下痢、腹痛、お腹が張るなど。







さてここからは栄養の話。


春は肝に負担がかかる季節。

肝臓に負担によりエネルギーがうまくつくれない。

血糖値が乱れやすい。

自律神経が乱れる。

精神的にも肉体的にも負担がかかる。



春は血糖値が乱れやすくなり、自律神経が乱れやすい。



アプローチとしては

エネルギー不足を補うため、捕食をとり血糖維持を図る。

肝が好む酸味のあるものを食生活に取り入れる。

柑橘系などの香りのよいアロマやハーブティーもいいですね。


4月に入って急に倦怠感と眠気、やる気がなくなってしまった私。

この方法で体調改善してきました。


生活に慣れてきた頃(いわゆる五月病)に、どばっと症状が出る方もいますので、今からケアが大切ですね。

閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示