漢方薬局について



こんにちは!

早速ですが、今回は漢方薬局についてご紹介したいと思います。 前回お伝えしたように、私どもは保険調剤薬局です。また戎町店は同時に漢方薬局でもあります。 保険調剤薬局は、医師が作成した処方せんをもとに、医療用医薬品をお渡しできる薬屋さんです。 では、漢方薬局とは?その名の通り、漢方薬を販売する薬屋さんです(^^) 医師が処方する漢方薬を飲んだことがある、といった方もいらっしゃるかと思いますが、大体は粉や錠剤の漢方薬で、保険が効く医療用医薬品です。漢方薬局では、医師の処方せんを必要とせず、漢方に精通した薬剤師が患者さんとお話をしながら薬を決めていきます。保険は効きませんので、お値段は医療用医薬品を処方してもらったときよりも高くなることが多いかと思います。 値段が高くいんだったら、医療用医薬品の漢方薬を医師に処方してもらえばいいじゃないか、と思われるかと思いますので、漢方薬局で買うメリットについてご紹介します。

メリット① じっくり相談できる 症状以外にも、体質や生活習慣などからどの漢方薬が合うかを検討しますので、しっかりお時間をかけます。ですので、ご心配なことなどを相談しやすい環境なんじゃないかなあと思います。

メリット② 意外と手軽に買える

もちろんじっくりとお話を伺いながらご紹介するのが一番ですが、そんな時間はない!というお忙しい方も、保険証なども出さずにさささっと購入することができます。また、短い日数で購入してご自身に合うか、飲めるかどうか試してみるのも良いでしょう。

メリット③ 薬だけではない

漢方薬は副作用がないと思われている方も多いですが、実際には副作用が起こる方はいらっしゃいます。体質に合わないものを飲んでしまうといわゆる副作用が起こることがあります。体質に合ったものでも、好転反応といった一見不都合な作用が起こることもあります。病院では薬しか扱っていないところが多いですが、薬局では医薬品と定義されていないものも扱っています。薬を飲むまでもないんだけど、、と思われる方は健康維持のためにご相談されてみてはいかがでしょうか。

メリット④ 煎じ薬が購入できる

全ての漢方薬局ではありませんが、本来の漢方薬の形である、煎じ薬が購入できます。

粉薬や錠剤は、煎じ薬を煮出したエキスを固めて(更に生薬をすり潰したものを加えたものもある)作ったものです。

漢方薬の煎じ薬はお茶を煮出すようなもので、生薬と言われる植物の根や葉や実、鉱物などを複数組み合わせられています。独特の香りも治療効果があるとされていて、煎じ薬はエキスを固めた粉薬や錠剤よりも効きが良いとされています。

ちなみに、いくも薬局戎町店は煎じ薬も扱っております( ^ω^ )

漢方薬の煎じ薬は一般の医療機関ではなかなか処方してもらえないので、ご興味のある方は一度試しにご来店されてみては?!

今回はこのへんで!

また次回٩(^‿^)۶


69回の閲覧
​有限会社いくも薬局事業所(天神店)

​〒747-0033 山口県防府市上天神町3-20

FAX:0835-28-7529